加齢臭の原因とは

加齢臭(かれいしゅう)は、中高年特有の体臭のことをいいます。
加齢臭の体臭成分は、青臭さと脂臭さを併せ持っているのが特徴です。

加齢臭の原因は、体から発する「不飽和アルデヒドの2-ノネナール」という
成分であるということが研究の結果解明されました。

この研究は2000年に発表され、同時に「加齢臭」というネーミングも
このとき名付けられたものです。
加齢臭は男女の性差なく40歳代以降になると増加することが認められています。

自分自身から、また衣服からロウソクやチーズ、古本のような臭いがしたら
加齢臭と考えて間違いないといえます。

加齢臭を感じるのは、一般的に40歳を超えた中高年の男女です。
加齢臭がおじさんの臭いといわれるのは、あくまで加齢臭が持つ
イメージであって、女性は臭わないというわけではありません。

若い年代の男女には、加齢臭の原因となるノネナールはほとんど存在せず、
加齢に応じて起りやすくなる臭いであるため、加齢臭とよばれるのです。

原因が解明される前は、加齢臭に対する(加齢臭という言葉自体なかった)
これといった対策法はありませんでしたが、近年はノネナールを抑制する
サプリメントやグッズも販売されています。

加齢臭に敏感になりすぎるのも考えものですが、
エチケットとして対策をしておくとスマートですね。

人気blogランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング
posted by NOBU at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体臭・口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


最新の情報をメールでお届けします!
Infomag トップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。