メタボと脂肪の関係

実は、体の脂肪の種類によっては
落としやすい脂肪があるということを知っていますか?

脂肪(体脂肪)には大きく分けて皮下脂肪、内臓脂肪の二種類があります。

皮下脂肪とは、皮膚のすぐ下の脂肪、一方、内臓脂肪とは皮膚よりずっと
深いところ、内臓の周囲に付着する脂肪のことをいいます。
ところで、この2種類の体脂肪にはそれぞれ保温とエネルギーの貯蓄などの
役割がありますが、脂肪を過度にため込むことは万病のもととなります。

そういった理由もあって、脂肪を落とす必要があるのですが
さて、落としやすいのはどちらの脂肪だと思いますか?

答えは内臓脂肪のほうです。

内臓脂肪は蓄積しすぎると生活習慣病などを引き起こす要因となるため
注意が必要なのですが、内臓脂肪は一般的に「つきやすけれど、落ちやすい」
といった特徴があるのです。

有酸素運動とバランスの取れた食事を続けることで、
内蔵脂肪は皮下脂肪よりも早く減らすことができます。
地道にダイエットをしていきましょう。

内臓脂肪は内臓、つまりお腹の周辺につきます。
全体的に太っていないように見えるのにお腹だけぽっこりでている人は
「内臓脂肪が付いている」可能性があります。

試しに、おへその横の脂肪を皮膚ごとつかんでみてください。

お腹が出ているのにもかかわらず、脂肪をしっかりつかめない場合には
内臓脂肪がたっぷり付いていると考えられます。

一方、皮下脂肪は特にお尻や太ももにつきやすい脂肪です。

自分に合ったダイエット方法を見分けることで
確実にダイエットを成功させられるようにしたいですね。

人気blogランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング
posted by NOBU at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


最新の情報をメールでお届けします!
Infomag トップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。