パニック障害とは

パニック障害は、前ぶれもなく動悸や吐き気、めまい、呼吸困難などの症状が出る
その名の通りパニック状態になる病気です。

パニック障害は、突然生じる「パニック発作」によってはじまります。
それに続き、発作がまた再発するのではないかとおそれる「予期不安」と
症状の慢性化が生じます。
続きを読む
posted by NOBU at 16:00 | Comment(2) | TrackBack(1) | うつ・パニック障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病の症状

うつ病の症状と診断される基準として、
2つの大きな主要症状があることが基本となっています。

その2つとは「抑うつ気分」と「興味・喜びの喪失」です。
今回はうつ病の症状について解説します。
続きを読む
posted by NOBU at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ・パニック障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パニック障害 家族の対応

うつやパニック障害などの心の病を持つ人に対して、
家族はどのように対応すれば良いのでしょうか?

まず大切なことは、家族が心の病気に対する理解を深めることです。

次に、焦らず、感情的にならずに気長に見守る気持ちを持つこと。
周りの人間ができるだけ平静に暮らすことも効果があります。

一番のポイントは、当事者に「安心」を与えてあげることなのです。
続きを読む
posted by NOBU at 00:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | うつ・パニック障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パニック発作の代表的な症状

パニック障害の症状は突然にあらわれ、強烈な不安感をともないます。

発作がひどい場合、「このまま死んでしまうのではないか」とか「気が変になって、
どうにかなってしまうのではないか」といった強い不安を感じます。

しかし、このパニック発作では決して死に至ることはありません。
発作は長くても30分程度でおさまります。

パニック発作は、以下の症状のうち4つ以上が同時に起こり、症状は短時間
(10分以内)に頂点に達し、速やかに消失すると定義されています。
続きを読む
posted by NOBU at 02:14 | Comment(12) | TrackBack(0) | うつ・パニック障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パニック障害の治療

パニック障害の治療法には、精神療法と薬物療法があります。

精神療法において重要なものが、病気に対する医師の説明と心理教育です。

パニック障害は、発作に対する不安感によって悪化していく病気なので
医師が症状についてわかりやすく説明し、心理教育を行うことが
パニック障害治療の基本となります。
続きを読む
posted by NOBU at 08:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | うつ・パニック障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パニック障害 予期不安と広場恐怖

パニック障害の患者は、
パニック発作に非常に強烈な恐怖を感じるものです。

このため、発作が発生した場面を非常に恐れ、またあの恐ろしい発作が
起きるのではないかと不安を募らせてしまいます。

これを「予期不安」といいます。
続きを読む
posted by NOBU at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ・パニック障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パニック障害の症状 パニック発作

パニック障害は、強い不安感を主な症状とする精神疾患のひとつです。

従来は、急性不安神経症と呼ばれていた慢性疾患であり
panic disorder からPDと略記される場合もあります。

典型的なパニック障害の症状は、
何の前ぶれもなく突然生じる「パニック発作」によってはじまります。

続きを読む
posted by NOBU at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ・パニック障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


最新の情報をメールでお届けします!
Infomag トップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。